講義詳細

野地 智法

大学院農学研究科
応用生命科学専攻 准教授
野地 智法
(のち とものり)

  • 時間16:30~18:00
ミルクに含まれる免疫のちから
~母乳を介して子に伝わる母の偉大さ~
ヒトは、受精から誕生までの280日という長い時間をかけて母の体内で発育した後、出生します。誕生したばかりの子は、さらに母乳を介して母の恩恵を受け続け、成長します。言い換えれば、母は妊娠中のみならず出産後も、数年単位の直接的な愛情を子に注ぎます。分娩後の母体は、ミルクを作るための乳腺と呼ばれる器官を、乳房の内に発達させます。さらには、体内の免疫細胞を乳腺に集結させることで、ミルクの中に免疫力を宿らせます。生まれたばかりの未熟な子を、様々な病原体から守るべく、母は出産後も身を挺して働き続けます。この母乳に秘められた免疫のちからが母体の中でどのように作られるのか、その不思議を解説したいと思います。

東北大学

東北大学は、建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造します。また、研究の成果を社会が直面する諸問題の解決に役立て、指導的人材を育成することによって、平和で公正な人類社会の実現に貢献します。

ホームページ:https://www.tohoku.ac.jp/japanese/