講義詳細

井上 武史

法科大学院 教授
井上 武史
(いのうえ たけし)

  • 時間13:00~14:30
日本国憲法の現況と課題
―憲法改正論議の眺め方
日本の憲法議論では、いまなお「改憲/護憲」というイデオロギー的な枠組みで語られることが多いように思いますが、それではいつまでたっても生産的な議論になりません。本講義では、第1に、データや事実に基づいて、日本国憲法の特徴や現況を客観的に明らかにし、第2に、他国の憲法との比較を通じて日本国憲法を相対的に見ることで、憲法が立憲主義・民主主義の様々な構想に開かれていることを示したいと思います。本講義で提供する情報は日本ではほとんど知られていないものですので、今後の憲法改正論議の際に役立てていただければと幸いです。

関西学院大学

関西学院(かんせいがくいん)はキリスト教主義を建学の精神とする学校として、1889年に神戸・原田の森(現在の兵庫県神戸市)で米国・南メソジスト監督教会の宣教師ランバスによって創設されました。設立時は教師5人と生徒19人の小さな学校でした。現在は幼稚園から大学、大学院まで2万9千名が学ぶ総合学園となりました。

ホームページ:https://www.kwansei.ac.jp/